読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

概念の発明

そうか、自分の中で、合理的に考えると馬鹿げている、でも捨てたくないというか信じたい考えがあった。まさにオカルトだからこそ、馬鹿げていると考えていたのだが、でも捨てたくなかった。

 

もうマクロではどうしようもなく見える世界で、人間に何かの突然変異が起きて何とかなるんじゃないか、という思考。こんなのはオカルトだ。でも捨てたくなかった。

でも、突然変異という言葉だからオカルトだったのだ。なんか超能力とか、そういう風な感じ(まー完全にオカルトとも言えないが。例えば、オカルト扱いされやすい「気」とか気功とか狭義の意味での霊力みたいなものは、多分間違いなく本当にある)。

 

でも、これが「概念」だったらどうだろう。

つまり、東浩紀の言う「概念の発明」を突然変異になぞらえる。概念の発明はオカルトじゃないですよね。

フランス革命ではルソーの社会契約論とか一般意思とか自由平等博愛とかの概念の発明がウイルスのように人々に広がり、ある意味人間の脳に突然変異を引き起こし、革命をおこした。

ジョンロックの自然権とか抵抗権とか(概念の発明)が、人々にウイルスのように広がり突然変異を引き起こし、をアメリカ独立戦争に導いた。

 

動物レベルで考えると、突然変異って遺伝子レベル、肉体レベルとかのものと考えられがちだが、ここまで脳が発達した人間の場合、それは「情報レベル」で起こるんじゃないか。

動物の突然変異は物理的。人間の突然変異は情報空間。生命や精神が間断なく危機にさらされ、霊心体に過大なストレスがかかるときなのかな。

 

概念の発明と、そしてそれが人々の脳にインセプトされるという突然変異。

これによって社会が変わるという可能性。実際フランス革命アメリカ独立戦争もこれによって起こったのだから。

 

東が言うように、確かに誰かが「シンプルな」概念を発明し、それがウイルスのように広がっていくのだろう。その時代に自分が生きているかは分からないけど。

 

というか、概念の発明以外にも、様々な種類の突然変異の可能性があるんだろうな。

 

普通の言葉←→普通に体を操作すること(これすら念動力という人もいるくらい。ある意味ではそうですな)

普通の言葉の組み合わせによる概念の発明←→突然変異やオカルト的な覚醒