読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は兵だ

最近、かなり精神的にきつい状況だった。

 

仕事に意味を感じられないこと、仕事に理不尽さを感じるがそれを言い出せない不満、仕事に時間を取られて自分が思う人生の本質に向かえない事、それによって生まれた依存的な心を満たせないこと・・・などが原因だ。

しかし、自分の中で、やはり仕事は3年は続けたいという想いがある。

なぜなら、仕事を離れて何かを独力でやっていく力と金とビジョンが、そして、それらを持っているという自信(もしくは、それらが無くても大丈夫だという自信)が自分にはないからだ。

もちろん、そういったものが無い状態から人生を始める、という考えも肯定する。

しかし、自分の場合、今、しんどいからと言って仕事を辞めるのも、少し違う気がするのだ。「もうやだ!」で辞めるのではなく、「もう、やだ!」と思うならば、その点について会社側に改善の要求を出すなどして最善を尽くし、その闘いの結果、辞めるならば良い、と思った。

会社にコントロールされるのではなく、会社をコントロールしてやろう、くらいの気概。いや、そこまでの気概は無いが、そのために頭を使うのだ。真っ向勝負では100%負ける。

 

「上司には逆らうな」という原則を、うまいこと破ってみる、ということだ。会社には様々な理不尽がある。その中で戦うという意味で、ある意味会社は戦場だ。

会社を戦場と見ることで人生の強度(張り合い)を持つ、ということだろうか。

 

でもまあ、実は会社で戦えるとはあまり思っていない。今述べたような思考を、人生にも当てはめてみれば、強度を保てるかもしれない、と思ったのだ。今の自分の弱った精神、依存的な心に、喝を入れる思考。

つまり、↓URLの「私は兵だ」という感覚で生きることだ。これは、この世界を戦場とみなすことでもある。ある意味25000人が毎年自殺する社会は、戦争状態だ。

http://www.miyadai.com/index.php?itemid=1072

http://www.miyadai.com/index.php?itemid=1073

 

もちろん、こんな考えで生きることをずっと続ける精神力はない。今のところ、人生の一つの見方として、自分の人生に適用してみたらどうなるか試してみよう、という感じだ。

 

時間がなくて、適当に書いてしまった。今度ちゃんと書こう。